多種多様なミネラルウォーター

以前からダイエットや、健康のために注目されるミネラルウォーター。水といっても、ミネラルウォーターは種類や味もさまざまです。そもそもミネラルウォーターとは何でしょうか?詳しく見てみましょう。

種類によって味も感触も異なるミネラルウォーター

ミネラルウォーターを美容や健康のために飲んでおられるという方は多いでしょう。ミネラルウォーターは種類によって味や感触もずいぶんと違うのに驚かれている方もいます。また、自分の好みの味をすでに見つけている方や、いろんな味を選んで楽しんで飲用されている方もたくさんいらっしゃいます。

正しい水の飲み方

一般的に言われるのは、毎日の生活で、約2リットルの水を飲むと良いと言われています。それで最低でも1リットルくらいは意識して飲みましょう。

水の正しい飲み方としては、一気に飲むのではなく、1日の少しずつ、合計で2リットルくらいになるのが望ましいとされています。ただ食事中はあまりたくさん飲むと胃酸が薄まりすぎてしっかり消化ができなかったり、消化吸収のバランスに影響もでてくることがありますので控えめにとると良いでしょう。

ミネラルウォーターとは?

地球上の水のうち、97.5%は海水、2%は氷河と地表水とされています。どちらも飲めるようになるには複雑な処理が必要です。残りのわずか1%以下を占める地下水のうち、処理をせずに飲むことができる水があります。ミネラルウォーターです。ミネラルウォーターは殺菌処理の方法により4つに分類しています。

ナチュラルミネラルウォーター:ナチュラルウォーターの中でも、ミネラルをもともと含む地下水を原水とした水のことを言います。

ナチュラルウォーター:地下水を原水として、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的、化学的な処理を行っていないものをさします。

ミネラルウォーター:ナチュラルミネラルウォーターの中でも、品質を安定させるためにミネラルの調整や殺菌、除菌などの処理を行っているものをいいます。

ボトルドウォーター:上記以外の飲料水で、例えば、純水、蒸留水、水道水などです。特に処理の規定はありません。